口腔外科

口腔外科について

親知らずの抜歯、口のなかのできものの切除などの治療を行います。

親知らずの抜歯のように、普通は大学病院で行うような治療も当院では行っております。
症状によっては、提携している大学病院へきちんとご紹介いたしますので、安心です。

埋伏歯 - 埋伏歯抜歯

上顎や下顎に埋まっている歯の抜去

顎関節症

口を開ける時に、音がしたり、痛みが生じたり、さらに開口障害を生じる病気です。
右の図は前から顎関節の中を見たところ、右の図は横から見たところです。淡い黄色の骨と骨の間に水色の円板があり、そのまわりを紫の関節包が覆っています。ここに問題が生じます。

口腔腫瘍摘出術

口腔内にできた腫瘍を摘出する手術を行います。

唾石症 - 唾石摘出術

唾液の通路に石がつまり、唾液の分泌障害を引き起こし、舌下部の粘膜や顎下部に食事の際、腫れや痛みを生じる病気です。

舌小帯短縮症 - 小帯切離移動術

舌の小帯が短いため、舌の運動障害や発音障害を生じます。

ヘルペス性口内炎

口唇、口腔粘膜における、ウイルス性の口内炎。

抗がん剤からくるお口の中の症状

口腔粘膜炎

抗がん剤投与時、1番起こりやすいのが粘膜炎です。

頬粘膜、舌、唇に起こしやすく症状が強くでると痛みで食事や水を飲むことができなくなります。

この粘膜炎の対処法として、口の中をきれいに保ち、常に乾燥させないこと、また、痛みには痛み止めを確実に使うことが大切になってきます。

?虫歯や歯周病の悪化

がん治療により、体力が落ち抵抗力も落ちてしまうことで、今まで症状がなかった部分の急性症状が起き、歯肉や歯 の痛みが起こることがあります。

がん治療の前に虫歯や歯周病の治療、検診がとても大切です。

?口内炎

抗がん剤により、全身の機能が低下することで、常に口腔内にいる細菌(カンジダ細菌)やウイルス(ヘルペスウイルス)が原因となり口内炎が発症することがあります。

カンジダ性口内炎やヘルペス性口内炎の場合、薬で治すことができます。


こどもの歯並び

オーラルケアグッズ

診療案内

診療日時
月・火・木・金  10:00~13:30/15:00~19:30
水  10:00~13:30/15:00~17:00
土・日  10:00~15:00
(4月から日曜日は月2回の診療に戻ります)

休診日
祝日

各種保険取り扱い

※水曜日は午後5時が最終受付時間となります