審美歯科

保険診療との違い

どんな治療に保険が効かないの?

  • 治療目的以外の処置
  • 高価な材料を使う場合

一般的に、治療目的以外の処置には保険が効きません。治療目的以外の処置とは、予防目的のもの、美容のみを目的としたもの、などのことです。 使う材料によっては、保険が効かないものもあります。
例)貴金属、セラミック
材料の詳細については、治療時にご説明いたします。

保険内でも、審美修復はできるの?

できるが、欠点もある

保険の効く材料を使って、審美修復を行なうこともできます。 近年、材料の発達で、使える選択肢が非常に広がりました。ただし、保険外の材料と比べて、まだ劣る点もあります。ケースに応じて使い分ける必要があります。 詳細は、各治療法をご覧下さい。

セラミックスインレー~大きくお口を開けても大丈夫~

見分けがつかないくらい自然な仕上がりです

金属を使った詰め物を入れた経験のある方は多いのではないでしょうか? かつての保険での治療は銀色の詰め物(パラジウム)が一般的でした。 現在はレジンが中心になっており、品質は大きく向上していますが、仕上がりの美しさと耐久性ではセラミックスにはまだ及びません。

下の画像(左)は保険で詰めたパラジウム合金です。この方法は保険適用ですが、辺縁のわずかな隙間から虫歯になる2次カリエスの危険性が指摘されています。
下の画像(右)はすべてセラミックスで作った詰め物(インレー)です。よく見てもなかなか見分けがつかないくらい、自然な仕上がりになります。

どんな場合に向くの?

  • 金属のかぶせ物に不満のある方
  • 金属アレルギーのある方
  • 修復物の変色が気になる方

治療の流れ

  • 虫歯部分を最小限削り、歯形や咬み合わせをとります
  • 模型をつくり、その上で、詰め物をセラミックスでつくります
  • 出来上がったオールセラミックスインレーを詰め、調整します
  • メンテナンス

ポーセレンラミネートベニア

歯にやさしく、美しさも手に入る

ポーセレンラミネートベニアは、歯の表面をうすく一層削り、その上にセラミックの膜をはり付ける方法です。
歯を削る量が最少で、術後にむし歯になりにくいことや、他の方法に比べ歯周病にもかかりづらいため、歯にやさしい方法といえます。

ポーセレンラミネートベニアの良い点

  • 歯にやさしい
  • 治療回数が少なくて済む(約2回)
  • 歯並びや歯の形も治せる

どんな場合にむくの?

  • 前歯にすき間がある
  • お薬の服用で、歯が変色してしまった
  • ホワイニングで白くならない
  • むし歯、歯の磨耗、歯のねじれ、奇形

治療の流れ

  • 歯の表面(エナメル質)をうすく一層削ります(1回目)
  • 技工士がセラミックの膜を作ります
  • セラミックの膜を歯にはり付けます(2回目)

オールセラミックス~歯ぐきの黒ずみ、もう気にならない~

生体親和性と美しさ

金属を使ったかぶせ物を使って、歯ぐきが黒ずんだ経験のある方もいるのではないでしょうか。
オールセラミックスは、全てセラミックスで作られるため、生体親和性が抜群に良いのが特徴です。
歯ぐきの黒ずみができません。金属アレルギーの方にも安心して使っていただけます。
また、全ての部分が自分の歯の色と同じ色調になりますので、自然な美しさがよみがえります。

どんな場合にむいてるの?

  • 金属のかぶせ物に不満のある方
  • 金属アレルギーのある方
  • 修復物の変色が気になる方

治療の流れ

  • 土台となる歯を削り、歯形や咬み合わせをとります
  • 模型をつくり、その上で、かぶせ物をつくります
  • 出来上がったオールセラミックスクラウンを調整します
  • メンテナンス

メタルボンド

強さと美しさを兼ねそなえた治療法

メタルボンド冠は、金属に陶材(セラミック)をコーティングしてあるかぶせ物です。
金属の持つ強度と陶材(セラミック)の持つ審美性を兼ねそなえた治療法ということができます。
メタルボンドは、歴史が古く、これまで、最もよく使われていた方法です。

どんな場合にむくの?

  • 奥歯の治療
  • 金属アレルギーのない方

奥歯の治療には、咬む力に耐えることのできる材料が適しています。メタルボンドはこの点、奥歯にむいていると言えます。

治療の流れ

  • 土台となる歯を削り、歯形や咬み合わせをとります
  • 模型をつくり、その上で、金属の部分をつくります
  • 金属部の調整を行います
  • 金属の上に陶材(セラミックス)をコーティングします
  • 出来上がったメタルボンドを調整します
  • メンテナンス

症例


以前からしゃべる時に見える金色のブリッジが気になっていて、今回、虫歯があったので、白いブリッジに変えてみました。
これで大きな口でも気にせず人と話せたり、笑えるようになりました。先生ありがとうございました。白いブリッジで笑顔が素敵になりました。

ジルコニアブリッジ


従来のブリッジを白くする場合、フルクラウンタイプで歯を削る量が多かったのですが、ジルコニアは丈夫なので。インレータイプ(一部歯を残すタイプ)でも、できるようになりました。 ただ、色は、セラミックに比べて、若干限られた白色になります。


オンライン予約

こどもの歯並び

オーラルケアグッズ

診療案内

診療日時
月・火・木・金  10:00~13:30/15:00~19:30
水  10:00~13:30/15:00~17:00
土・日  10:00~15:00
(4月から日曜日は月2回の診療に戻ります)

休診日
祝日
※水曜日は午後5時が最終受付時間となります

各種保険取り扱い